母の振り思い出して我が振り直せ

育児、日々のことを。雑感。

幼稚園選び3

f:id:littlecoo:20170722165546j:plain

電話をしたその日に見学OK!とのことで早速主人と息子と3人で縦割り保育をしているB園へ行ってみました。

前もってB園について判っている情報は縦割り保育、キリスト教、満3歳入園可能、制服ありくらい。

到着して見えた園舎は建て替えをしたばかりらしくとても綺麗な2階建て。

園庭は少し狭い気はするが園児数からいけば大丈夫そうな感じ。

中へ入れていただき事務所で見学申し込み用紙に記入していると園庭で体操が始まった。

ほぼ全員で体操している

A園と違い在園児数も少なくぱっと見て3クラスが列を作り体操をしていた。

ほぼ全員としたのは1人の男の子がどうやらやりたくないようで先生に説得されている感じだった。

放置でもなく無理矢理、列に戻すことをせずに男の子の目線の高さに合わせて話している先生の姿に私は素敵と思った。

 

助けてくれるお兄さんお姉さん

B園は縦割り保育なので年長児が年少児さんのお世話を率先してやってくれるらしい。

体操が終わった後、園舎に戻った園児たちはおトイレタイムのようで手をつないでおトイレへ移動しはじめた。

年長児になるとこんな風に落ち着いてお世話できるんだと感心した。

これが縦割り保育の良いところらしい。

お兄さん、お姉さんたちの姿に憧れて年下の子たちは凄く成長すると案内してくださった先生がお話されていた。

 

静かな教室

クラス毎に朝の学活?みたいなことをするらしく先生を前に園児たちはイスをコの字に並べて座っていた。

 

先生のお話をしっかり聞く子供たち。

だが中にはおそらく年少児だと思うがいつもはいない私たちが気になり後方にイスを用意していただいて座っていた私たちに話しかけたりしてしまうことも。

申し訳ないなぁと思いながらも見学を続行させていただいた。

すると先生がその子の名前を呼んだ。

「○○くん、今は朝の学活の時間です。先生のお話をきちんと聞いてください」

メリハリつけるのは良いことだと思う。

ただなんとなくなんだけど先生の言い方が怖いというか冷たく感じた。

 

のびのび幼稚園?

子供の様子を見ていて、どちらかというと大人しい感じを受けた。

お勉強は一切しないらしい。

でも園庭でのびのび遊んでいる様子はあまりない。

絵に力を入れているらしく年少児から絵の具を使って絵を描かせるとのこと。

ただ気になったのは課題を設けて描かせるらしい。

 

うーん、本当にのびのびってなんだろう

見学を終えて主人に感想を聞いてみた。

「縦割り保育でお勉強はしないでのびのびって言っていたし時間のメリハリもあって良いと思う」だった。

のびのびしてたかな?

私はみんなお利口さんって感じに見えたんだけど。

でも一人っ子の息子には縦割り保育は魅力的だし・・・・・・でも!のびのび?とモヤモヤしていた。

お勉強しない=のびのび ではない気がする。

 

ママ友の言葉

主人の中ではほぼB園で決定していたが私はまだB園に決定するには至らなかった。

そんなある日のこと。

ばったり会ったママ友とお互いの幼稚園選び事情の話しになった。

彼女は元モンテッソーリの園で保育士さんをされていた方でお家でもしっかり教育している人だった。

そんな彼女には教育方針がとても共感できる園があり電車通園になるのだが、そこに行くと決めているらしい。

「私はこの先生になら子供をお任せ出来る!って思える園がいいから。子供に合う園というのも重要だとは思うけど親がイマイチって思っている園に入園させたら後悔するでしょ」

この言葉がしっくり来た!

私の中でB園はきっとイマイチなのだ。

だから決定!にならないんだな。

ただ主人がB園押しだからもう少し園庭開放とかに参加して様子を見ることにした。